スマートフォンサイト トップへ

インターネット取引 ログイン

先物取引・オプション取引・新株予約権付社債

先物取引

先物取引とは、ある商品またはある指標を特定の数量、将来の一定期日(満期日)に、あらかじめ定められた価格で取引することを売方と買方との間で約束する取引のことをいいます。

ひろぎんウツミ屋証券では、大阪証券取引所に上場する日経225先物、TOPIX、JPX日経400、日経225miniなどの株式指数先物取引を取扱っております。

先物取引の特徴

少額の資金で大きな金額のお取引ができる

先物取引は、レバレッジ効果で少ない資金でも大きな金額の取引ができるのが魅力ですが、反面、予想に反して値下がりした場合は損失が拡大する可能性もあります。

銘柄の選択が不要

代表的な日経平均株価などの株価指数に連動するため、わかりやすく個別の銘柄選びのわずらわしさがありません。

上げ相場でも下げ相場でも収益チャンス

相場上昇時でも相場下落時でも利益が狙えます。先物取引の価格が上昇すると思えば買いから、先物取引の価格が下落すると思えば売りから取引をします。

リスクヘッジ手段として活用

保有している現物株式の値下がりをリスクヘッジしたい場合など、日経225先物を売建てておくことで値下がりをカバーすることが可能です。

オプション取引

オプション取引とは、ある商品またはある指標を特定の数量、将来の一定期日(満期日)に、あらかじめ定められた価格(権利行使価格)で、買い付ける権利(コール・オプション)あるいは売り付ける権利(プット・オプション)を取引することをオプション取引といいます。

ひろぎんウツミ屋証券では、大阪証券取引所に上場する日経225先物オプションを取扱っております。

オプション取引の特徴

少額の資金でお取引ができる

オプションの買いでは、プレミアムの金額だけで取引が可能です。

損失を限定しながら利益を追求

オプションの買い手は、損失をオプション買付けのために支払ったプレミアムの金額だけに限定できる一方で、利益は制限なしに追求できます。

どのような相場でも収益チャンス

「相場上昇時」「相場下落時」「相場停滞時」といったどのような相場でも利益が追求できるさまざまな投資戦略が可能です。

リスクヘッジ手段として活用

保有している現物株式の値下がりをリスクヘッジしたい場合など、プットオプションを買付けておくことで値下がりをカバーすることが可能です。

新株予約権付社債

新株予約権付社債とは、新株予約権(株式を一定の条件で買い付ける権利)が付いた社債のことです。原則として、新株予約権と社債とを分けて譲渡することはできません。

ページトップへ戻る